gelato cotton

日々のキロク。すきなモノ、コト。

恋は傘の中で愛に

こんにちは、えん(@_x_ene_x_)です。


7月に入りました。
今年ももう後半戦です。


わたしの住む栃木県でも、新たなコロナウイルス感染者が出ました。
第2派の予感がして、怖いです。
いきたかったデパートにもしばらく足を運ぶことはないでしょう。


彼と、愛猫のきなこと自宅というシェルターで生きていきます。
ここが"今"のわたしの世界です。

 

f:id:ene_s2:20200702194515j:image


雨の日が続いています。
じめっとした重い空気と気だるい蒸し暑さが少し苦手。


でも、雨の音はすきです。
今の家はサンルームが挟んであるのでほとんど聞こえませんが、実家に居るころはポタポタと落ちる、たまに窓を叩く雨音に耳をすませながら読書や物書きをしていました。


雨だと思い出すことがもうひとつ。


今の彼とお付き合いする前、とある本を読んでいました。

 

f:id:ene_s2:20200702194530j:image


『"不安0%の恋"をはじめる方法』 高橋あい 著

 

彼とはとても親しく、毎日連絡を取り合う仲でしたが、恋愛感情はありませんでした。
けれど2人きりで遊びに行くことが決まり、ひとりの女の子になっている自分がいました。


どんなヘアメイクをしていけば、どんな服を着ていけば、もしかしたら、もしかしたら…。
そんなときに書店で見かけてジャケ買いした本。


とにかく"頑張らなくていい"、よくある自己啓発本でしたが、そのときの自分には強く背中を押された気がします。


これまでは恋愛に対し臆病だった自分。
思い返せば恋愛に良い思い出なんてひとつもありませんでした。
いつも無理して背伸びして頑張りすぎてから回ってぐったりして。


けれど、この本を読んでありのままの自分で居ようと決めたときに、なんだかストンときたんですよね。
頑張らなくていいんだって。


そこからは素の自分で接し、初デートで告白されたときはとても嬉しかったです。


彼とは来年の1月に入籍します。
プロポーズもやっぱり嬉しかったです。


既に同棲しているし、入籍後何かが変わるわけではないけれど、結婚指輪をつけられるのはちょっと楽しみ。笑


長い惚気でした。


生きている限り、いつ死ぬのかはわかりません。
それが今日・明日かもしれない。
ただただ、後悔しないように前を見て進んでいきます。


それでは皆さん、素敵な夜を。
またね。